願い事はどこへ行った?

こんにちは。
悟り系ヒーリング
龍ノ助です。

熟成期間がある?


引き寄せの法則で言うところの

願い事ってね

一筋縄ではいかないことがありますね。


なかなか叶わないと言う人が多いみたいですね。




それは

ちょっとしたコツなんでしょうが


願い事って

一旦宇宙が引き受けると

それが即効果が出る場合もあれば

そうでないこともあります。



人は焦って

即効性ばかりを期待してしまうけど


その焦った気持ちが


願い事のキャンセルになったりするんですね。




突然話が変わりますが


私たちが食べるお肉は

おろしたてが美味しいと思っていますか?



実はそうではないんですね。


食肉と言うのは

さばいてから数日間時間を置くことが

基本になっています。


これは

お肉の中のうまみ成分を引き出すのに必要なんです。



肉は腐りかけが美味い

と言うのはそう言う理由があるんですね。




物事には

即効性ばかりでなく

時間をかけないと上手く行かない事もあるんです。



 

ノートが強力な存在に


そこで登場するのが

ノートの存在です。



人との関係でもそうなのですが


口約束って不安になりますよね?


何か人と約束したら

その内容をメモしていませんか?



職場でも大事な取引を

全て口約束で済ませるなんてことはあり得ない事です。


お互いの不安解消には書面を交わすのが常識です。




だから

願い事も書くことが大切なんです。


ノートに書いて形にハッキリ残せば

自分の意思をハッキリ宇宙に伝わることになります。


一旦書いてしまえば

もう大丈夫です。


ノートの書くのは


忘れてもかまわないからでもあります。



だから願った後は

さっさと忘れていればいいんです。


note002.jpg



氣が付かないうちに叶っている


 私が実際に体験したことなのですが


私の家の恥になりますが


私の両親は結婚当初から

ケンカばかりしていました。


ほんの些細な事でも言い争いになってしまうんです。



ですが

晩年になり


2人の関係はとても良好なものになり


人生の終わりには

お互いに手を取り合うような仲の良さになって

この世を去っていったのですが



その後

遺品の整理していた

私がとても驚いたことがありました。





私が20代半ばの頃でしたが


まだ

パソコンなんてない時代に

私はスキャナー機能の付いた

ワープロ専用機を使っていました。



そのスキャナーで両親の写真を

取り込んで


どうか二人の仲が良くなるように


と手書きのメッセージを添えて

両親の写真のアルバムにこっそり入れておいたんです。



それが

30年ぶりに出てきたんです。


何だかタイムカプセルを発見したかのような

感覚でしたが


私がこっそり書いておいた願い事が

私が気が付かないうちに叶っていたんです。



この話をすると

ただの偶然と言う人がいるのですが


私は違うと思っています。



やはりね

自分の願いを書いておくと

叶う方向に行くんですよ。



それは信じて実行した人だけが体験出来るんです。




今回のまとめ


自分の願い事は

ノートなどに書いて形にしてみましょう。


それは未来に自分の姿です。


形にすると気持ちがスッキリして

前向きに行動出来るようになります。


自分でも忘れていた願い事を

未来に体験するのも楽しいモノです。




では、また。










なお、当ブログで紹介している内容の実践は
全て自己責任でお願いいたします。

人気ブログランキングに参加中です。






◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

龍ノ助あての

メールでのご質問やご相談などは

ryukeyword☆gmail.com

(☆は@にかえて)までお願いいたします。





◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

この記事へのコメント