私の引き寄せ体験

こんにちは。
悟り系ヒーリング
龍ノ助です。

それは突然のトラブルでした

私ですね
以前、親の介護生活していました。
寝たきりの父親の介護をしていたのですが
長年使っていた父の車が
もう完全なポンコツ状態になってしまい
車検が通らない状態になってしまったんですね。
実は
我が家の車はちょっと変わっていたんです。
変わっているとは
超レアなクラシックカーと言う事ではありません。
運輸局への届けた日付が
1月1日
になっているんです。
なぜ元日が登録日なのかは全くの不明ですが
車検がある場合は12月中に終えないとなりません。
しかし
廃車に決めたのなら
これもまた12月中に廃車手続きをとらないと
年を越えてしまうと
自宅に保管している場合
レッカー移動などが必要となり
費用が余計に掛かってしまうことになるんですね。
私は行きつけの近所の修理工場に依頼しました。
でも
ちょっと氣になることがあったんです。
この修理工場の工場長と言う人が
ちょっとクセのある人で
平気で予約の日時を客の承諾なしに
変更することがあったんです。
私も何度かその手を食っていました。
廃車手続きの依頼をしたのは年末近い日でした。
そこで
その予約日の前日に念のため
電話を入れてみたんです。
すると・・・
誰も電話に出ません。
そんなバカな?
私は急いで修理工場に行ってみると
なんと
その日から年内の営業を終了したとの
張り紙が貼ってあったんです。
営業再開は年明けの5日からとなっています。
しまった。だまされた!!
私は怒り心頭でしたが
そんな場合ではありません。
その時はすでにクリスマスが終わっていたんです。
年内はもう残り数日。
この間に廃車手続きをしてくれる業者を見つけないと
いけません。
私は地元を中心に
ネットやタウンページを使って修理業者を探しました。
ところが
私の地元には修理業者は数が少なく
見つかったとしても
どこも年内の営業は終了していたのです。
そんな・・・
どうしよう・・・
私は途方にくれました。

理不尽な事に屈してはいけない

そうは言っても
時間だけが無情に過ぎていきます。
日付が12月28日になっていました。
やはりレッカー移動での処分になるのか?
私はとても重い気分になりました。
年末のうきうきした気持ちなどどこにもありません。
もし
車の登録日が元日でなければ
いくらでも業者は見つかるはずです。
それがよりによって年末に追い詰められることになるとは。
でもね。
なぜか私の心の中には
諦めてはいけない
と言う強い気持ちがあったんです。
ある意味、意地と言うべきか。
その当時、
私は親の介護に専念するため
スピリチュアルの事から一切遠ざかった生活を
していました。
ですが
瞑想中に思い描いたイメージは実現する
と言う言葉を思い出したんです。
それまでの私は他人へのヒーリングは出来たものの
自分の願望を叶えることって上手く出来なかったんですね。
でも
今の状況を打破したい気持ちで
深い呼吸法を何度も繰り返した後に
年内に廃車手続きが完了してガッツポーズして
お正月に美味しいお雑煮を食べて幸せになっている
自分の姿をイメージしたんです。
もう自分に出来ることはそれしかありませんでした。
 

本当にミラクルが起きちゃった

 それでも
廃車手続きをしてくれる業者は見つかりません。
そして
とうとう大晦日になってしまいました。
私は寝たきりの父親のお昼を済ませた後に
食器を洗っていました。
その時、ふと昔の父の事を思い出していました。
父は車の運転がとても下手で
車庫入れも満足に出来ない人でした。
車で外出してはガードレールや電柱に車をぶつけることが
たびたびあり、いつも修理工場のお世話になっていたんです。
実際、車の代金よりも修理費の方が大幅に上回ってたかもしれません。
昔はそんなこともあったよなぁ・・・

f:id:ryureiwa:20190728183815j:plain

と、その時です。
突然、ひらめいたんです!!
そうだ。昔、お世話になった修理工場に頼んでみようと
思い立ったんです。
現在の住居よりも少し距離のある場所でしたが
それでもかまいません。
幸い、業者さんの名前を憶えていたので
調べ直して電話を入れたところ・・・
電話が通じたんです!!
その修理工場はなんと大晦日も営業していたんです。
「あぁ。あなたのお父さんには大変お世話になりましたよ。
廃車手続きですか? 私がやってあげますよ。
時間は何時でも構わないので車をお持ちください。」
社長さんの元気な声が電話に響きました。
まさに天からの助けが入った感じです。
私は思わずガッツポーズをしていました。
イメージ通りの展開です。
結局、
私は期限ギリギリの大晦日に廃車手続きを完了して
お正月には本当に美味しいお雑煮を食べることが出来たんです。
その時は
あまりにも必死過ぎて訳が分からなかったのですが
自分で引き寄せていたんだって実感が
今になればわかります。
ちなみに
私にウソをついた修理工場は
年明け早々に倒産しました。
何か重大なことを抱えていたんですね。
だからそれで関係が切れて良かったんです。
こっちの方もスッキリしました。

 

今回のまとめ

 どんなに困難な状況でも
打開策はあります。
大切なのは
自分はいつも幸せであると言う気持ちでいることです。
そうすれば引き寄せの意味を実感出来るでしょう。
なお、当ブログで紹介している内容の実践は
全て自己責任でお願いいたします。
人気ブログランキングに参加中です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
龍ノ助あての
メールでのご質問やご相談などは
ryukeyword☆gmail.com
(☆は@にかえて)までお願いいたします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

この記事へのコメント